デジタルリマスターが実現

『怪奇大作戦』と言う番組は、1968(昭和43)年9月15日〜1969(昭和44)年3月9日(全26回)の期間、毎週日曜日のPM7時〜PM7時30分にTBS系列で人気放映されておりました…。

その当時、世の中の流れそのものが「恐怖・怪奇ブーム」に変化しつつあった事などから「円谷プロ」は、今までの「空想特撮変身ヒーロー物」から180度の方向変換を決定し、日常性のなかの非日常、科学捜査組織が大活躍する現代の怪奇ドラマ『怪奇大作戦』を制作する事となったのです。

毎回、1話完結方式を取り、怪奇で恐怖な物語の舞台背景は、日常の現代社会!…。主人公は「SRI」と呼ばれる「科学捜査研究所」のメンバ〜で、警察が解決できない怪事件や難事件などが起こると警察からの依頼を受け、優れた科学捜査の力で、数々の怪奇事件を科学的に解決して行く…と、言うのが『怪奇大作戦』の基本パターンなのでした。

その『怪奇大作戦』ですがついにデジタルリマスターが実現したのです。円谷英二監修のもと、円谷スタッフが総力を結集した「怪奇大作戦」。円谷最高傑作 とも謳われるこの作品には、『“怪奇”の世界を崩さず、かつ従来のDVDウルトラシ リーズ以上の高画質と高音質を実現すること』が求められていました。
posted by 怪奇大作戦 at 23:14 | 怪奇大作戦 dvd
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。