特撮テレビドラマ 怪奇大作戦

怪奇大作戦は、現代社会に発生する謎の科学犯罪に挑戦するSRI(科学捜査研究所)のメンバーたちの苦闘と活躍を描いた特撮テレビドラマでです。

円谷プロダクションが制作し、TBS系で1968年(昭和43年)9月15日から1969年(昭和44年)3月9日まで毎週日曜日19:00 - 19:30に全26話が放送されました。また、2007年(平成19年)4月に全3話のリメイク版『怪奇大作戦 セカンドファイル』がBShiにて放映されました。

怪奇大作戦が製作された当時「怪獣ブーム」が一段落をみせ「怪奇ブーム」が訪れていたこと、また円谷プロダクションが『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』に続いて作成していた『マイティジャック』の視聴率が低迷していたこともあり、怪獣との戦闘シーンなどの派手な特撮ではなく、特撮でなければ表現できない映像をみせる事を目標として制作されたのです。

怪奇大作戦の監修、円谷英二は、昭和20〜30年代にかけて『透明人間現わる』『透明人間』『美女と液体人間』『電送人間』『ガス人間第一号』など一連の変身人間による犯罪を描いた映画で特技監督をつとめており、円谷プロには、得意とするミニチュアワーク以外にも、この種の特撮ノウハウの蓄積がありました。

怪奇大作戦本編では、ほぼ毎回のように近未来的な科学技術による殺人事件が描かれ、陰惨でグロテスクな描写も少なくなかったです。現在では日曜日のゴールデンアワーにこの怪奇大作戦ような番組が放送されることは考えられないのですが、当時はこの手のテレビ番組に対して今よりもずっと大らかだったようですね。
posted by 怪奇大作戦 at 00:00 | 怪奇大作戦 豆知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。